PUBGモバイルの攻略を支えた機材

pubgmobileやってみた パパの趣味

    この記事で提供する情報

・初めてやる方 → 上達への遠回りを回避
・上達しない方 → 機材の見直しも検討
・歳で自信喪失 → 投資するのはどこか

【 朗報 】
先日、眼鏡を新調しに行きました。
当たり前っぽく「遠近付けときますよね?」
と言われた私も、征服者フレームをゲット!
スポンサーリンク

PUBGモバイルで勝つにはコレ

画面は大きく見やすく

ipad pro 12.9インチ


足音や銃声の位置が分かるように

belkin製アダプターRockStar F8J212BTWHT-A
※2017年版ipad用です(最新版はtypeC用あり)
※ヘッドセットより大事だと思います


イヤホンは有線でマイク付きのものを

マイク付きイヤホンか、ヘッドセットを使いましょう。
※ やはり、VCができるとチーム戦で有利です。
※ 外と家で使い分ければ、2つあっても無駄ならず便利です。

《重要》FPSで音に差が出るのは、DAC(デジタルアナログコンバーター)の性能です。
高性能なDACを内蔵したbelkin製アダプターは、定位の誤差が少なくてとてもお薦めです。
※zero audioの流行りのセパレート型のワイヤレスイヤホンも使いましたが、以下の理由でお薦めしません。
・遅延はどうしても出る
・bluetoothを使うとバッテリー消費大→発熱大→タッチバグ多発
・マイクが音を拾いにくい

ちなみに私は二つを使い分けています
  • VC仲間とやる時は、ロジクールG433
  • VCなしの時は、オーディオテクニカ CKS1000

PUBGモバイルのタッチバグやバグ対策

プレイ中にもよく聞くバグやタッチバグの
起こりやすい状況を列挙します
・発熱で端末が熱くなっている
・端末の変形しやすい状況でプレイ
・フレームに触れていない
・バッテリーが少ない

《重要》ipadでのタッチバグ対策
・ファンで冷却しながらやる
・変形しないように固定する
・フレームを触れた状態でやる
・50%切ったら充電する

※「フレームを触った状態で」タッチパネルを操作することで、かなり解消すると感じています。
静電気の関係でしょうか、、、いまだに理由は分かりません

 

タッチバグ対策をした機材の紹介

 

ipad冷却台

ipadを台にセットしてプレイしてます。

傾斜角度も大事なので角度を調整できるようにしましょう

ipadの冷却

 

ボディに冷却用のアルミヒートシンクを熱伝導シールで貼り付けています。

冷却効果は段違いです

冷却台のファン

 

冷却台の裏に自作PC用のファンを取り付けてヒートシンクを冷却しています

 

 

デバイスの性能や画面サイズによる影響

性能の差が出る場面

オープニングの立ち上がりの時間

立ち上がり時間が長いとイライラしますよね。
プレイには無関係化と思うでしょうが、PUBGモバイルの場合はそうとも言えません。

PUBGモバイルはバグの発生が多く
・VCで音が聞こえなくなる
・画面が固まり再起動を強いられる
・自分だけでなく他のプレイヤーにバグが発生した場合に一斉に再起動することがある

《 バグが発生した際の対処は・・・》
・音が聞こえないバグは、チームの他のメンバーも含め再起動
・降下した後に安全を確保してからが良いでしょう
・固まった際は、そのプレイヤーだけ再起動
・パラシュート降下の場所を出来るだけ遅らせる


    ※ 再起動する機会は多いので時間がかかると不利です。

ゲームプレイ中のラグの大きさ

「ping値」というロビー画面の左下に数値が表示されます。
数値が小さいほどサーバーとの応答速度が速く、キャラクターコントロールの反応が早くなります。
20~40くらいで安定していると回線状況が良い状態です。
この数値が100を超えたあたりから、操作性の反応の悪さを感じ始めます。


≪ 自分の画面への影響 ≫
・建物のドアが開きにくくなる
・リーンやスコープを覗く際の反応が遅くなる
・敵が瞬間移動して狙いにくくなる
・敵への弾の当たり判定がおかしくなる
・乗り物を運転していると映像が巻き戻る
≪他のプレイヤーへの影響≫
・瞬間移動して狙いにくくなる
・敵が撃った弾が自分に当たりにくくなる
《 バグやラグを減らす対策 》

 ・サーバーで、ping値の低い地域を選ぶ
KRJP→アジア→北米→ヨーロッパ→中東
の順にping値が高くなる傾向です
・wifiルーターをリセットする
時間の経過とともに、wifiルータ―が重くなります
・他のwifi機器の接続を切る
・speedテストを実施し回線速度を調査する


プレイ中に勝手に再起動しやすくなる

 ・発熱が増えバッテリー膨張の原因になる
・発熱による熱暴走が起きやすくなる


iphone端末かipadを使う

PUBGモバイル使用できるデバイスの種類は、
android端末、iphone端末、ipad、android用padです
・高性能なiphone端末、ipadが快適です
・ipad proが一押し


画面サイズの差の影響

画面上で指を動かす距離が違う

 ・こまかく動かせるのは、ipad
・素早く動かせるのは、スマホ


小さい画面の限界

 ・目が疲れる
・使える指の本数に限界がある
・タップミスが出やすい


お薦め機材で揃えるメリット

6本指操作でプレイできる

使える指の数が多ければ多いほど、
・キャラコンのバリエーションが増えます。
・技を増やして、敵より有利な状況で打ち勝てます。
・慣れるまでに時間が掛かり、上達をゆっくり楽しめます
・プレイの頭打ちを感じません

とにかく快適

 ・いわゆる”ぬるぬるな動き”を楽しめる
・綺麗なグラフィック設定を楽しめる
・キャラコン操作のストレスが少ない
・体の疲れを減らせる

スマホ首&ゲームの弊害に対策

ゲームでプレイヤーが悩むことは
・目が疲れる
・姿勢が悪くなる
・腰痛や肩こりに悩む
・プレイ後の疲労感が辛い
・頭痛や倦怠感で長くできない
・疲労感やイライラでストレスが増える

PUBGモバイルをやり続ける為に

PUBGモバイルの醍醐味は、
「やればやるほど上達する」
「フレンドが増え続ける」
「いつでも快適に旅を楽しめる」
※ 身体への負担を極力減らしてプレイすることが大事
※ 一時の勝ち負けより、上達し続ける環境を手にする


《 結論 》PUBGモバイルをやるのなら

・最良の環境を整えて欲しい

・いつまでもプレイして欲しい

・体を壊さないで欲しい

端末をゲームだけに使う方は少ないので、
事情が許さない部分があると思います。
ただ、このゲームは各国でプレイが禁止される程に
夢中でのめり込みやすい危険性があります。
体調不良、課金による浪費、日常生活の乱れに注意して
細く長く楽しめるように注意することが大事です。

自分を上手くコントロールして、
リアルでの征服者も目指しましょう!

[clink url=”https://rockfield1.com/post-612″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました